ダブルダッチ協会
ダブルダッチとは
スケジュール
活動紹介
instructor
プレイヤーの派遣
JDDA公認グッズ
日本記録
お問い合わせmenu7JDDAについて
menu8リンク




▲TOP



 
insrtuctor
2017年 特定非営利活動法人日本ダブルダッチ協会公認
ダブルダッチインストラクター 資格試験

概 要

PDFで概要をダウンロード
≪目的≫
  わが国におけるダブルダッチ競技の統一組織として、ダブルダッチ指導者の養成と
資質の向上を図り、ダブルダッチの振興に寄与することを目的とする。


≪インストラクター資格種別≫
  ◆JDDA公認 ダブルダッチインストラクター PERSONAL
    ダブルダッチ指導者として必要な基本知識と技能を習得した者。
ダブルダッチの大会において審判員として基本知識を習得した者。
 
  ◆JDDA公認 ダブルダッチインストラクター TEAM
    ダブルダッチ指導者としてチーム全員が高度な知識と技能を有し、
競技者の育成を担う者。
ダブルダッチの大会において審判員として基本知識を習得した者。


≪定義≫
  1) 適切な言葉づかい、緊張した学習者の気持ちに配慮した話し方ができる。
2) 指導者として、時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分ができる。
3) 学習者の技術に応じて、基礎から応用まで段階を踏んだ練習方法の指導ができる。
4) 練習環境や学習者の服装、運動前の準備など危険性の管理ができる。


≪資格取得後≫
  @ 認定書とインストラクター証(カード)を発行いたします。
  A JDDA公認ダブルッチインストラクターポロシャツを授与します。
  B TEAMは協会から教育現場への講師派遣を優先的に行います。
  C 当協会が主催する大会の審判員を務めること出来ます。
  D インストラクターのためのスキルアップ講習会に参加できます。
審判講習や基礎技術の指導法など、一つのテーマに沿って学べる会を開催します。
また、その後にインストラクターで親睦会など交流を深める機会もあります。


≪日時≫
  【関西地区】
    平成29年12月24日(日) 午前9時30分から午後5時00分


≪会場≫
  【関西地区】
    大阪府堺市立人権ふれあいセンター
〒590-0822大阪府堺市堺区協和町2-61-1
阪堺線「御陵前駅」徒歩10分(交通アクセス→http://jinken-fureai.jp/?page_id=59/


≪受験資格≫
  PERSONAL/満18歳以上・ダブルダッチ経験1年以上で以下に該当する者。
TEAM/満18歳以上で以下に該当する者。
 
    ・大学生、教育従事者、全国の学童クラブ職員など、
 ダブルダッチの指導方法を習得したい方。
・ダブルダッチの普及活動を積極的に行いたい方。
・JDDA公認インストラクターとして相応い姿勢で活動に参加きる方。
・インストラクターTEAMの構成人数は3人以上とする。
 (全員での受験を原則とする。)
・JDDAの会員である事。

※JDDA会員登録は 試験申込期日までにお申し込みください。
※当日、怪我や病気で受験に支障があるとJDDAが判断した場合、受験できません。


≪試験内容≫
  講義/3時間 *全資格共通

    @ダブルダッチの歴史から現状・各種大会、競技種目について
Aインストラクターとしての心得
B応急救護
 
  実技試験/4時間 *資格別

    ◆PERSONAL
      【競技種目試験】
        @スピード(1分間)
Aターナー技術(ベーシックロープ・スピードロープ/各30秒ずつ)

※スピードは左足が床に接地した瞬間を一回と数え、1分間での合計跳躍数を計測。
※スピードのターナーは、JDDAスタッフが行う。
※ターナー技術は、JDDAスタッフとベーシックロープ・スピードロープを回す。
 
      【指導力テスト】
        @ターナー技術の指導法の実演(ターナーチェンジ)
Aジャンパー技術の指導法の実演(かけ足跳び)

※指導対象のジャンパーは、自分でロープに入ってジャンプすることが
 出来る児童。
※指導対象のターナーは、ベーシックロープを回すことが出来る児童。
※当日は@、Aの指導実演を行う。(各持ち時間約8分)
 
    ◆TEAM
      【競技種目試験】
        TEAMは全ての試験をチーム単位で行う。

@スピードリレー3×40
・スピードはWORLD JUMP ROPEのルールに基づく。
・スピードロープはJDDA公認ダブルダッチロープを使用する。
 (太さ8mm/長さ3.6m)
・スピードはフライングスタート、フライングジャンパーチェンジの減点がある。
※それぞれ1 回につき5 ポイント、ジャンプ回数より減点となる。

Aフュージョン(3分以内)
・フュージョンはチーム全員で行う。
※演技は、講習会で児童に見せる為の演技とする。
 また、子ども達にダブルダッチの楽しさが伝わり、ミスのない演技が望ましい。
※音源はCDを用意する。
 
      【指導力テスト】
        @講習会の実演
・事前に50分の講習会を想定した指導案を作成。
 ※指導の対象は、ダブルダッチを初めて体験する児童3〜5名。
・作成した指導案を基に1チーム持ち時間約20分(準備体操も含め)
講習会の実演を行う。
 ※整理体操は省く。
 ※競技種目試験でフュージョンを行うのでパフォーマンスは省く。
・指導案の用紙はJDDA指定のものを事前に提出する。

 ※事前提出期日/11月19日(日)まで 提出先/zuko@jdda.jp
 ※指導案の書き方は、模擬講習指導案を参照。
 ※提出用の指導案用紙は上のボタンよりダウンロードしてください。

■JDDAホームページに載せられている審査基準をご参照ください。
       
      
■JDDA公認ダブルダッチインストラクターとして相応しくない言動があった場合、
 試験結果に関わらず不合格、または、試験を中断します。


≪タイムスケジュール(予定)≫
 
時間 PERSONAL 時間 TEAM
9:30 受付開始 9:30 受付開始
10:00〜11:00
(60分)
実技試験
競技種目
10:00〜10:50
(50分)
講義@
休憩(10分間)
  休憩(10分間) 11:00〜11:50
(50分)
講義A
休憩(10分間)
11:10〜12:50
(100分)
実技試験
指導力
12:00〜12:50
(50分)
B応急救護講義
12:50〜13:50 昼食 休憩(60分)
13:50〜14:40
(50分)
講義@ 13:50〜14:50
(60分)
実技試験
競技種目
休憩(10分間)
14:50〜15:40
(50分)
講義A 休憩(10分間)
休憩(10分間)
15:50〜1640
(50分)
B応急救護講義 15:00〜16:40
(100分)
実技試験
指導力
17:00 試験終了 17:00 試験終了
 ※受験者数により終了時間等に変更が生じる場合があります。


≪受験料≫
  【新規】
JDDA公認 ダブルダッチインストラクター PERSONAL 10,000円
【新規】
JDDA公認 ダブルダッチインストラクター TEAM 一人15,000円


≪資格更新について≫
  試験免除に該当しない、または、TEAMからPERSONALへ資格変更を希望される方。
 ⇒講義・実技試験ともに一般受験とし、受験料は一部免除なります。
  受験料は以下の通りです。

【更新・変更 】
JDDA公認 ダブルッチインストラクター PERSONAL 5,000 円
【更新】
JDDA公認 ダブルッチインストラクター TEAM 一人10,000 円

※PERSONALからTEAMへ資格変更、またはTEAMから別のTEAMへ変更を希望の場合
 下記のお問合せ先までご相談ください。


≪申し込み方法≫
  申込書をダウンロードし、Eメールに添付して送信してください。
■ 申込締切日 【関西地区】
  平成29年 10月 16日(月) 〜 平成29 年 10月 29 日(日)まで
       
      

  また、申込締め切り日までに受験料を、郵便為替または銀行より以下にご送金ください。
※振込名義には下記の指定された数字を必ずご記載ください。
※TEAMでのお申し込みの場合、代表者がまとめてご送金ください。
※JDDAの会員登録も必ず済ませてください。

  郵便為替
    ■ 口座番号 00100-1-385682
■ 口座名義 特定非営利活動法人 日本ダブルダッチ協会

  銀行振込
    ■ 銀行名  ゆうちょ銀行
■ 支店名  ○一九店(店番号:019)
■ 貯金種類 当座貯金
■ 口座番号 0385682
■ 口座名義 特定非営利活動法人 日本ダブルッチ協会

  振込名義
    ■ 受験料   「171 氏名」 例「171 ナワトビ タロウ」
■ 更新・変更 「172 氏名」 例「172 ナワトビ タロウ」
■ 登録料   「173 氏名」 例「173 ナワトビ タロウ」



≪JDDA公認インストラクター登録料≫
  試験合格後、JDDA公認インストラクター登録が必要になります。
合格者の登録料は以下の通りです。(有効期間3年間)

JDDA公認 ダブルダッチインストラクター PERSONAL 5,000円
JDDA公認 ダブルダッチインストラクター TEAM 一人10,000円


≪お問合せ先≫
  特定非営利活動法人 日本ダブルダッチ協会(JDDA)/ 担当:峯村 和子
〒154-0001 東京都世田谷区池尻2-33-15カーサ池尻205
TEL:03-6805-3566 E-mail:zuko@jdda.jp

copyright